tessrogo home home  | sitemap sitemap  | mail mail    

デジタル動揺計 W0051 とリモートコントローラ W0052

dot 概要
デジタル動揺計写真鉄道車両などの床上振動や乗り心地を計測するための計測器です。旅客鉄道事業の輸送品質の根幹とも言える乗り心地管理には、振動加速度の測定と解析が欠かせません。中でも車両の検修業務や、軌道管理業務にはなくてはならないものと言えます。デジタル動揺計/W0051は既存のデジタル動揺計/W0031にメモリ機能を加え、無人で測定できるコンパクトな測定器です。また、リモートコントローラ/W0052によって編成車両間のデータ同期を取るために時計機能を加えました。乗り心地解析ノウハウをソフトパッケージ化したデータ解析ソフトはデジタル動揺計/W0031Aと同じです。
→ デジタル動揺計W0051案内 [PDF]PDFicon

dot 特徴
  1. 電源は充電池6本またはACアダプタで動作します。シリコンピエゾ抵抗型3軸加速度センサ・デジタル信号処理・USBインタフェース機能を一体化し、小型・低価格化を実現しました。
  2. USBメモリはデータ容量512MBのもので記録容量は約40時間です。
  3. 動揺計を測定する各車両の測定部位に置き、電源を入れリモートコントローラで時計同期合せスタート指令を出すだけで測定を開始します。
  4. 測定終了時には、リモートコントローラでストップ指令を出し、終了処理後USBメモリを抜き取ります。
  5. 単体で使う時は必ずしもリモートコントローラは必要ありません。
  6. USBメモリのデータ読み出しと解析は汎用Windowsパソコンで行います。
  7. 乗り心地解析は乗り心地レベルLT解析に準拠した形式で、定型のMS-EXCELワークシートに出力されます。
  8. 標準的なEXCELファイル形式で生成しますので、対外向けレポート作成の際は自由な表現のアレンジが可能です。
  9. 車両検修用の著大値リスト・乗り心地線図解析、丸解析を行う乗り心地線図解析ソフトツールを標準付属品としています。
    → ※ 乗り心地線図解析ソフトツール [PDF]PDFicon
  10. オプションで、軌道管理用の著大値リスト・乗り心地線図解析、丸解析、マイクロラボックスへの移行用距離軸変換ツールなど多彩なソフトウェアが用意されています。
  11. W0051は、底板にスパイク取付けネジ穴M6がついています。

dot 主な定格性能
USBタイプ デジタル動揺計 W0051
項目 定格・仕様
 加速度センサー  3軸ピエゾ抵抗型:333mV/G、±0.5Gfull
 感知周波数帯域:DC~200Hz
 直線性精度:±1%以下 横感度:±2%以下
 信号処理  量子化分解能:10bit (±2LSB)
 総合処理精度:1% (1Gfull)
 フィルター帯域:DC~125Hz (-3dB)
 サンプリング周波数:409.6Hz/ch (固定)
 入力チャンネル数:4ch(加速度3ch,外部1ch)
 記録メディア  USBメモリ(FAT32フォーマット)
 記録容量(256MB、512MB、1GB)
 一時生成ファイル:バイナリ2バイト形式
 記録時間:USBメモリ容量に依存
 生成データ量:3.3kByte/秒
 512MBで約40時間
 電源  単三型充電池6本(ニッケル水素電池で約10時間以上)
 外部入力  ACアダプタ9V用コネクタ有(100mA+USBメモリ電流)
 外形寸法・重量  99.4(W)×125(D)×74.4(H)mm、約900g(電池含まず)
 使用環境  温度:0℃~40℃、湿度:20%~80%
 保存温度:-20℃~70℃
 結露・腐食ガス等の無き事
 振動・衝撃  JIS E4031-2B、JIS E4032-1A に準ずる
 標準付属品  単三充電池6本、充電器、USBメモリ512KB、ACアダプタ、標準付属ソフト
リモートコントローラ W0052
項目 定格・仕様
 入力  有線方式 RS232CI/Fによる時計合わせ機能
 出力  赤外線通信による、時計/スタート/ストップ/マーク
 (入力には付属のケーブルが必要です)
 通信方式  RS232C、1200bps、8N1、飛距離:6m(max)
 電源  単四乾電池2本(DC3V20mA)
 外形寸法・重量  66.5(W)×92(D)×21(H)mm、約80g(電池含む)
 電池寿命  使用頻度による。10分間/日頻度で約15日間

dot 価格
価格はお問合せ下さい。
カタログ(ハードウェア編)とカタログ(ソフトウェア編)を用意しております。
ハードウェア編はW0051・W0031Aと各種サポート機器について、またソフトウェア編は標準付属ソフトパッケージとオプションソフトパッケージについて、さらに詳しい内容を掲載しています。
 → 総合カタログ(ハードウェア編) [PDF]pdf
 → 振動解析カタログ(ソフトウェア編) [PDF]pdf

■ 開発元 公益財団法人鉄道総合技術研究所  ■製造元 有限会社ワットシステム
■ 販売元:株式会社テス 営業
ページの先頭に戻るtop
お知らせ
過去のお知らせ
infodot 事業案内
エンジニアリング業務
その他サービス業務
infodot 製品販売
セラジェット
ラダー軌道

各種製品販売
教材・マニュアル
infodot 会社概要
会社所在地
お問合せ・メール
infodot 個人情報保護方針
サイトマップ
関連リンク